どちらも抑毛、美肌効果のある優しいローション。どう違う?

体にやさしい抑毛ローションとして人気であるのがネオ豆乳ローションであるのですが、同じく体にいい抑毛ローションとして人気があるのがパイナップル豆乳ローションです。

 

どちらも天然成分から作られていて、体に優しい抑毛ローションであるのですが、この2つのローションを比較してみたいと思います。

 

まず、ネオ豆乳ローションは、大豆麦芽を集めてつくられたもので、主に大豆イソフラボンがムダ毛の育成を抑えて、毛を抜けやすくさせます。

 

さらに、大豆イソフラボンの働きによって、肌もきれいになり、美肌、保湿効果が得られます。

 

体全身に利用することができて、男性のヒゲにも使用することができるのですが、ボディケアローションとして使用する人もいます。

 

対してパイナップル豆乳ローションは、パイナップルエキスとフラボステロンからできています。そして大豆由来のイソフラボンと、アイリス由来のイソフラボンが、ムダ毛の育毛を抑えてくれます。

 

さらに、パパイン酵素が肌を柔らかくするなどの効果があって、古い角質などを落としてくれるのですが、抑毛効果の他に美肌効果もあり、肌荒れや黒ずみなどにも効果があります。

 

ローションとして塗るだけで抑毛効果、美肌効果が得られるのですが、これはネオ豆乳ローションと同じような効果が得られます。

 

どちらも、抑毛、美肌効果のあるローションであるのですが、ローションの素になっているものが、異なるということで、違いが見られます。しかし、どちらも体に優しい天然成分由来とのことで、安心して使用できます。

 

ただ、2つを比較してみると、ネオ豆乳ローションは、より肌が敏感な人に合う抑毛ローションとなっていて、パイナップル豆乳ローションは、黒ずみなどの悩みがある人が使用すると、抑毛効果と共に肌のトラブルもなくすることができるということで、違いがみられます。